眠りとお風呂のいい関係

疲れを取るために何より大切なのは、質、量ともに必要十分な眠りを取ることです。ヒトは体温が下がるときに眠くなるようにできてます。

浴槽入浴の温熱作用で疲労を取ったり、一度体温を上げて眠りに適した環境を整えたりするときには、深部体温(脳や内臓などの体の中枢部分の温度のこと)を一度上げるのがポイントです。シャワーのみでは一度にお湯を浴びるエリアが限られるため、表面温度は多少上げれても深部温度を上げるのは難しいです。

お風呂の浴層に入って、額に汗がタラリと流れたら、深部体温が一度上がったサイン。

梅雨の時期こそ、浴槽入浴いいですよ。

てみてくださいね。

About the Author: sento946