大きなお風呂の効果

「ヒートショックプロティン」とは?

体内にある傷んだ細胞を修復する働きを持つたんぱく質のことで。

週1、2回、40℃~42℃の湯船に10分~20分ゆっくり入浴し体温を38度にすることで、タンパク質が増えます。

☆新陳代謝がアップ、ぷりぷりたまご肌になれる。

☆あすりーとの体力つくりや、病気治療にも適応。

☆免疫力アップ、風邪やインフルエンザ予防。

☆低体温の方には体温を上げる効果。

 

熱くて深く広い湯船は「ヒートショックプロティン」効果が得られます。健康と美容の味方です。

ぜひ銭湯に来て体験してください。

About the Author: sento946