ヒートショックプロティン

ヒートショックプロティン「HSP」ヒートは熱、ショツクは刺激、プロティンはたんぱく質。人間の体は水分を除けばほとんどたんぱく質でできている。日頃、仕事やストレスを感じると、たんぱく質が壊れていくため、疲れを感じたり機能低下する。

その壊れたプロティンを修復するのが「HSP」42度のお湯に10分浸かると、体の中心温度2度くらい上がり、その時に一番修復されることが医学的に証明されている。また43度のお風呂に8分入ればガン細胞が消えるという実験結果も出ている。

HSPは入った2日後にピークを迎え、一週間後に消える。年間をとうしていいコンディションを保つには、週に2回銭湯に行くといい。

10分でも、一回に10分でも、分けて10分(1分1分2分3分3分)でもいいそうです。

試してみる価値は

About the Author: sento946